らじっとくんと満点を目指そう!

海洋ごみクイズ

○と×のです。
らじっとくんが持っている
ボードをしてね!

○と×のです。
らじっとくんが持っている
ボードをしてね!

Q1

埼玉県は海に面していないので、海洋ごみ問題とは関係がない。

〇か×どちらかをタップ!

〇か×どちらかをタップ!
正解
不正解
答え:×

埼玉県で発生するプラスチックごみが川を通じて海に流れ込むと、海洋生物に大きな影響を与えてしまいます。海に面していない埼玉県にとっても、大きな問題です。

1/10
Q2

海洋ごみの2割程度が、街や川から流れ着いたものである。

〇か×どちらかをタップ!

〇か×どちらかをタップ!
正解
不正解
答え:×

海洋ごみの7割から8割が、陸で捨てられたごみと言われています。
街で捨てたごみが水路や川に流れ出し、やがて海へと辿り着きます。

2/10
Q3

世界では毎年、少なくとも800万トン以上のプラスチックごみが海に流出している。

〇か×どちらかをタップ!

〇か×どちらかをタップ!
正解
不正解
答え:○

環境省の調べによると、毎年800万トン以上のプラスチックごみが流出しており、重量としては、東京スカイツリー222基分と言われています。

3/10
Q4

海洋ごみ問題は深刻化しており、2100年には魚より海洋ごみの量が多くなる、と言われている。

〇か×どちらかをタップ!

〇か×どちらかをタップ!
正解
不正解
答え:×

世界の海に漂う海洋ごみの量は、総計約1億5,000万トンに達していると言われています。今この瞬間もどんどん増え続けていて、このペースで進めば2050年には魚よりプラスチックごみの量が多くなり、プラスチックごみで海が埋め尽くされてしまう危険性があるのです。

4/10
Q5

海洋生態系へ多大な影響を与えると言われているマイクロプラスチックとは、微細なプラスチックごみの総称で、5ミリメートル以下の小さなプラスチックのことである。

〇か×どちらかをタップ!

〇か×どちらかをタップ!
正解
不正解
答え:○

マイクロプラスチックは大きく分けて、洗顔料・歯磨き粉といったスクラブ剤などに利用される「一次マイクロプラスチック」と、川を伝って海へ流出したプラスチック製品が紫外線や波の影響などにより破砕されてマイクロサイズになった「二次マイクロプラスチック」の2種類に分類されます。

5/10
Q6

マイクロプラスチックを含んだ魚を食べても、人体に滞留することはない。

〇か×どちらかをタップ!

〇か×どちらかをタップ!
正解
不正解
答え:×

微細なプラスチック片は、最終的に人間の体内にも取り込まれ、小さいものは排出されず、溶けることもなく体内に残ると言われています。

6/10
Q7

海洋ごみ問題に対して、私たちが出来ることは街の清掃活動だけである。

〇か×どちらかをタップ!

〇か×どちらかをタップ!
正解
不正解
答え:×

街の清掃活動を行うことももちろん大切ですが、3R(リデュース・リユース・リサイクル)を意識した生活を行うことも大事なことです。繰り返し使える詰め替え用ボトルを購入する、プラスチック製のストローを使用しないなど、私たちにも出来ることはたくさんあります。

7/10
Q8

日本は「ひとりあたりの容器包装プラスチックごみの発生量」において、世界2位である。

〇か×どちらかをタップ!

〇か×どちらかをタップ!
正解
不正解
答え:○

ひとりあたりのプラスチックごみの量はアメリカに次いで世界で2番目に多く、世界でも有数のプラスチックごみ排出国です。

8/10
Q9

世界の国や地域が協力して持続可能な開発を目指すSDGs 17の目標の中には、「海」に関する目標はない。

〇か×どちらかをタップ!

〇か×どちらかをタップ!
正解
不正解
答え:×

目標14に「海の豊かさを守ろう」が設定されています。

9/10
Q10

海洋ごみ問題に対して、埼玉県でも様々な取り組みが行われている。

〇か×どちらかをタップ!

〇か×どちらかをタップ!
正解
不正解
答え:○

マイクロプラスチック調査や発生源の対策、プラスチックごみの削減手法の検討など様々な取り組みが行われています。

10/10
10問中問正解!

あなたは、『海洋ごみ問題!』